FXや株式取引に利用するリスク

国内のFXの場合、追加証拠金制度があります。これは急激な為替変動によってロスカットが間に合わず、証拠金がマイナスになってし

まったとき、マイナス分が借金として扱われる仕組みです。相場が安定している状態であればこのようなことはおきません。政策の発表

や事件が起きると、一方的な動きをしてしまうことがありますので、借金を取引に利用する場合は十分注意しなくてはなりません。場合

によっては借金がさらなる借金を生んでしまう可能性もあります。海外のFXに利用する場合は、多くのブローカーがゼロカットを導入し

ているので安全です。ゼロカットは追加証拠金が発生しない仕組みです。もし残高がマイナスになったとしても、マイナス分はブローカー

側が負担してゼロにしてくれます。これは高い約定力を売りにしている海外のブローカーだからできるシステムです。日本にはゼロカッ

トが導入されていませんので、よほどの知識がない限り借りたお金を取引に回すことは危険です。